ニャーKB「こじまこ」こと小嶋真子をもっと好きになる!破天荒な努力家!

スポンサーサイト

人懐っこい笑顔と若さ溢れるパフォーマンスで人気急上昇中の「こじまこ」こと小嶋真子。
その風貌、元気のよさから「第2の大島優子」と呼び名の高いこじまこですが、今回のニャーKB with ツチノコパンダ選抜の中でも一番の若手です。
今もっとも注目度の高いこじまこの魅力とは一体何なのでしょうか?

若手メンバーを代表する「三銃士」の中の一人

こじまこはAKB48の第14期生という比較的新人に近いメンバーなのですが、研究生時代から同期の岡田奈々、西野未姫と並んで運営側から過剰なプッシュを受け、こじまこたち三人のことをファンやメンバーからは「三銃士」と呼ばれるようになりました。
研究生公演でも、先輩である13期生よりも中心に置かれるほど…。
これに嫉妬するファンからは時に「ごり押し」とも呼ばれていましたが、こじまこの汚れのない初々しさや透明感、元気いっぱいな姿はAKB48にとってもっとも必要としていた要素だったのではないでしょうか?
劇場公演で魅せる彼女のパフォーマンスも着実に磨きがかかり、ただのごり押しではなくきちんとした実力の持ち主であることが。アンチからも徐々に認められていきました。

研究生初のユニット「てんとうむchu!」での活躍ぶり

そんなこじまこですが、こじまこを含む「三銃士」の三人、SKE48研究生の北川綾巴、NMB48研究生の渋谷渚沙、HKT48研究生の田島芽瑠・朝長美桜の7名で研究生初となるユニット、てんとうむchu!の結成が発表されました。
てんとうむchu…。そのなんとも言えないネーミングセンスはさておき、この7人で曲を作ってもらえるだけではなく、冠番組まで用意される優遇っぷり!
研究生でここまで推されたメンバーはこれまでいたでしょうか?いいえ、いなかったです!(笑)

てんとうむchuの魅力がたっぷり!動画はこちら!

こじまこの座右の銘とは?

『やらないと思わなければ何も始まらない』…というのがこじまこの座右の銘。
わりと大人な感じですよね〜!
AKB48はメンバーに対し、努力することを一番に求めています。
それに見事にハマっちゃってるのがこじまこなんですね!

メンバーとつかみ合いの大げんか!?

指原莉乃のツイッターに、ある日気になるツイートがありました。
「みきちゃんのアサイー失神エピソードとこじまこの掴み合い喧嘩のエピソード
何回聞いても泣くほど笑ってしまう」
…こじまこが掴み合い!?
こじまこと岡田奈々が掴み合いになるまで大げんかした→同室の内山奈月も思わず泣いて逃げた→こじまこのベッドに座った岡田奈々に、こじまこがそこから降りろというと岡田奈々がでんぐり返しした→でんぐり返しした岡田奈々がサイドボードに頭をぶつけて震える→怖くなって泣き出すこじまこ、なのに「終わりよければすべてよし!」とあっけらかんな様子だった…というのが事の顛末だそうです(笑)
壮絶すぎるけど、確かに笑えちゃうかも…(笑)
それはそうと、アサイー失神エピソードもかなり気になります。。

そんな破天荒?!なこじまこ、三銃士の中で唯一選抜メンバーに選ばれ続けるなど運営側から期待もかかっている様子です。
これからの成長がとても楽しみです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ