「ニャーKB with ツチノコパンダ」の衣装について、じっくり解説してみた!

スポンサーサイト

とっても可愛い衣装!!

AKB48と妖怪ウォッチのコラボユニット『ニャーKB with ツチノコパンダ』。
彼女たちの衣装とってもかわいいですよね!
今回はニャーKBのみなさんが着用している実写版衣装について解説していきたいと思います。
アニメ版とは少し違いがあるので、その点にも注目していきます!

Processed with Moldiv
写真左が実写版、写真右がアニメ版の衣装です!少しだけ違いがありますよね。
衣装は、基本的に前列・後列のメンバーで若干の違いがあります。
まずは〝前列〟の衣装。
センターの島崎遥香の衣装を例にしてパーツごとに見ていきましょう。

【ヘッドアクセ】

猫耳に王冠。
猫耳はカチューシャになっており、王冠は別個でピン留めしていると思われます。
猫耳のベース(黒)はコーデュロイ生地、ピンクの部分はシルク生地、王冠はポリエステルの生地を使用している可能性が高いです。
先端にはポンポンがついており、かわいいですね!
また、実写版衣装ではアニメ版衣装とちがって王冠にリボンが付いているのも特徴です。
ここで、重要なチェックポイントが!
アニメ版ではピンクの円形になっている部分、実写版だと…
Processed with Moldiv
妖怪メダルなんです!
これは、胸元のリボンやスカートにも縫い付けられているんです。
かわいい〜!

【上半身】

配色は実写版、アニメ版共に同じです。
違いは胴体部分。
ボタンなどの装飾が施されているアニメ版と違い、実写版はゴールドのラインが二本のみというシンプルなデザインになっています。
シャツ部分は綿かポリエステル生地、シワになりにくいポリエステル生地の可能性が高いかもしれません。
胴体部分はコーデュロイ生地、胸元と腰元にはブルーのレースが施されています。
胸元のリボンについては王冠と同じように妖怪メダルが使われています。

【下半身】

アニメ版ではピンクの生地になっているスカートですが、実写版ではAKBの象徴とも言える赤のタータンチェックになっています。
生地はおそらく綿だと思います。黒のレースが二本入っておりかわいいです!
王冠、リボンと同じように妖怪メダルが使われているのも重要ポイントです!

【手・足】

実はアニメ版のみ、手元にリボンのついたリストバンドをしているんです。
実写版では手元になにもしていないですよね。
足はアニメ版と一緒で、黒のニーハイソックスに黒のブーツを着用しています。

これは松井珠理奈(ブルー)、宮脇咲良(パープル)も同じ仕様になっています。

次は〝後列〟メンバーの衣装。
木崎ゆりあ(イエロー)の衣装を見てみましょう。
Processed with Moldiv
これも基本的には上記の島崎遥香と変わりません。
王冠→クローバー、胴体部分のレース→ピンク、という違いぐらいでしょうか。
ヘッドアクセのクローバーですが、アニメ版だとリボンが付着していますが、実写版だとクローバーのみのシンプルなものになっています。
これも実写版衣装のみ、リボンが付いているのが特徴です。
加藤玲奈(ブルー)、川栄李奈(レッド)、小嶋真子(グリーン)も木崎ゆりあと同じ仕様になっています。
ですが、川栄李奈・小嶋真子の場合はヘッドアクセの位置がアニメ版と実写版で逆になっているのが特徴です。
Processed with Moldiv
フォーメーションに配慮したものと思われます。

いかがでしたか?
基本は、白シャツ+チューブトップ+スカートの組み合わせです。
ぜひ、衣装を自作されるときの参考にしてみてくださいね。

ゆいにゃも着てみたいなー。
『アイドルはウーニャニャの件』店舗特典のまとめ
続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ