ジバニャン歓喜!ニャーKBが膝枕でなでなで♡アニメ妖怪ウォッチ第41話より

スポンサーサイト

握手会に参加したりライブに行ったり、ニャーKBのいちファンであるはずのジバニャンに普通ではありえない程の幸せが訪れました。
この時ばかりは、ジバニャンになりたい!と思ったニャーKBファンの皆さんも多いのでは!?

それは第41話でのこと。
ケータが友達のクマに貸したゲームを返してもらおうとすると、クマは借りた覚えがないと言い張ります。
カンチの話によると、他の人も借りパク被害にあっているようでした。
これって妖怪の仕業!?と妖怪ウォッチで探してみると・・・やっぱりいました!
妖怪かりパックン!

41 1

とりついた人間が借りていたものを飲み込んで自分のものにしてしまう妖怪です。
かりパックンが貸してと言えば誰も逆らえず、何でも借りられるというすごい力を持っているようです。
かりパックンの力で、ジバニャンが密かに持っていた欲望が引き出されてしまいました。
「おれっち、アイドルのニャーKBを借りたいニャン」

41 2

それはさすがに無理でしょ・・・?
と思ったら、なんとニャーKBメンバーのふーにゃん、れーにゃ、にゃんしおが現れました!

41 3

かりパックンの力、恐るべし!
ジバニャンはもちろん大喜び!!

なでなでしてもらって「感激だニャ~」と本当に幸せそうです。

41 4

かりパックンはケータの家に忍び込み、ケータが好きなヒーロー達を借りパクしたりと、やりたい放題。
借りパクしたヒーロー達と食事をしている時、部屋の片隅ではニャーKBになでなでされているジバニャンの姿が。
「幸せすぎだニャ~ン」

41 5

借りパクはいけないことだから返してあげてと諭すと、かりパックンは自分に借りれないものをあげることができたら返すと約束します。
無理だと思った、ウイスパーに人気を借りることもできてしまい、ケータもお手上げ。
どうせだったら、ケータのお父さんが前借りしたがっていたお小遣いをかりパックンの力で借りてあげようと思いついたケータ。
ところが、お母さんの力は絶大・・・。
「ダメだって何度同じこと言わせるのーー!!!」と、かりパックンを撃退しました。

借りパクはいけないことだと分かっていても、きっとジバニャンはこの幸せな時がいつまでも続いて欲しいと思っていたことでしょう。
大好きなアイドルを独り占めしたい!ファンなら誰もが思ってしまうことですよね。

画像出典:アニメ妖怪ウォッチ 第41話


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ